ネットを有効活用しよう!航空券を断然安く、格安でゲットするためには

- アナログな航空券とデジタルな航空券

アナログな航空券とデジタルな航空券

情報格差という言葉を知っていますか?
情報格差とは、デジタル情報を持っている人と持たない人との間では、情報量に大きな差が生じてしまい、情報を持たない人が損をしてしまう事です。
今、旅行をする場合、情報格差によって旅費に大きく差が生じる事を知っていますか?

アナログの航空券は高い

ネコの写真
まずアナログな方法で、国内旅行のチケットを購入しようと思った場合、電話予約する事が可能です。
航空会社の電話予約センターに、電話をかけて目的地と日時を伝えると、該当する便の価格を伝えてくれます。

しかしその価格が高いと感じても、他に選択肢がないため、そのままクレジットカードの番号を伝え、カード決済を行ってもらいます。
そして搭乗日に、クレジットカードを空港に持参すれば、搭乗券を発行する事が出来ます。

電話で予約する場合は、航空会社によっては手数料が発生するところもあります。
さらに言えば格安航空会社(スターフライヤーやPeachなど)の多くは、人件費削減のために電話予約が行えずに、ネット予約だけのところも少なくありません。

つまり電話予約出来る航空会社は、大手のJALやANAのような航空会社で、正規の運賃自体が格安航空会社と比べると高い上に、電話で案内されるのは、正規の運賃のみで割引プランなどは案内されません。
なのでアナログで購入しようと思ったら、割高になるという事を理解しておきましょう。

デジタルな航空券は安い

そしてアナログと比較すると、デジタル情報を収集して国内旅行のチケットを購入した方が断然安くなります。
格安航空会社のチケットをネットから予約出来るというだけでも利用価値は大きいですが、さらに比較出来るという点も大きなメリットだと言えます。

格安航空会社だけでもその数は増えてきていて、それぞれがキャンペーンやセールを行っています。
また最近は旅行代理店だけでなく、航空会社でもホテルとセットになったプランを提案しています。

チケットとホテル、さらにはレンタカーや観光施設の入場券など、様々なオプションをセットで購入する事で、セット割引が発生し安く購入出来るという訳です。

他にもデジタル情報を収集すれば、リアルタイムな情報を見る事が可能です。
飛行機のチケットの価格は、日々変動します。
閑散期と繁忙期、需要と供給、搭乗日までの残りの日数など、刻々と変化する中で、日々チェックしていたら、タイミングよく格安航空券を購入する事が出来るでしょう。

さらに進化するデジタル情報

そしてさらにデジタル情報は進化しています。
そのため飛行機のチケットも、新しい技術が導入されて、お得さだけでなく、便利さや楽しさまで加わってきています。

例えば旅行プランを自分でイチから調べ、それぞれ予約をしスケジュールを立てるのは大変です。
ですがオールインワンアプリを利用すれば、あなたの知りたい情報は全て1つのアプリで事が足りて、さらに手続きもそのアプリから行う事が出来ます。

またAIアプリを利用すれば、さらにそこにあなた自身の趣味や嗜好まで取り入れた情報を提案してくれます。
さらにはどんどん学習してくれるので、どんどん情報の精度は増して、自分好みの旅行プランを提案してもらえます。

デジタル情報が進化したら、さらに情報格差は深刻になるのでは?
そんな不安を持つ人もいるかもしれません。
ですが以前は、自分で情報収集をし、その中から自分に必要な情報を自分で選別し、その情報を活用する能力が必要でした。

でもオールインワンアプリやAIアプリの場合は、それらの作業が不要となり、必要な情報だけを提示してくれます。
なので情報収集が苦手な人でも、簡単に使用できるぐらいデジタル情報が進化し、フォローしてくれる時代です。
そのためむしろ情報格差は今後は縮まっていくのではないでしょうか?